賃貸マンションならではの地味なトイレ。
次はこれを何とかしたい!
半畳にも満たないこの空間ではありますが、体調によっては長時間滞在することだってありえます。

トイレ

冬に冷たい便座はイヤだ!ということで、まずはウォシュレットを換装。
あと大ちゃんをした時も常に清潔に保ちたい。

DIYその1:ウォシュレット換装。

そして、壁が真っ白なのは病院みたいでイヤなので、ポストカードなんかを貼ってみたり。

DIYその2:壁をちょっと華やかに。

友人宅の新築一戸建てを見に行ったときに、トイレに木製の棚があってそこに植物や小物なんか置いたりしていたのがすごくオシャレでて、それをちょっと真似てみたりして。

DIYその3:簡単な棚をつける。

以上のような構想を考えてみました。
1のウォシュレットに関しては、前の住居で購入したものをそのまま流用します。



で、最終的に出来上がったトイレは以下のとおり。
どうですか!?地味で質素なトイレが少しは居心地のいい空間になったのでは??
嫁もトイレに行くのが楽しくなると言ってました。

toiret2.jpg


壁にはパイン材で作成した棚とポストカードや写真を飾りました。
toiret3.jpg


棚はこのように、バリアフリー用の手すりが付いているのでそこに取り付けました。
そして、オスモカラーで塗ってみました。
toiret7.jpg


ダウンライトも普通の白熱球だったので、エコを考えて電球型蛍光灯に交換してみました。
通常の白熱球60Wに対して、電球型蛍光灯は12Wなので電気代がお得です。
ただし、点灯直後はそれほど明るくなく、だんだんと明るくなるという性質があります。
これは蛍光灯だから仕方ありません。それを改善したパルックボールプレミアQという製品があるのですが、お値段が1000円くらい違います。
僕は前からパルックボールスパイラルを使っていて特に不都合は感じなかったので今回もこれにしました。
寿命は長いし電気代もお得でなおかつエコロジーという大人の選択です。

Panasonic パルックボールスパイラル 電球60型タイプA15形 2個入 電球色 EFA15EL12/2T
toiret6.jpg


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ