上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ここまで仕上がったところで次は今回の目玉。

タイル貼り!!

いろんな家具を見に行って、嫁がモモナチュラルというブランドのレンジ台をいたく気に入りました。
そのレンジ台の天板に一部タイルを貼っていて「こんな風にして~」というので今回はその希望をかなえてあげることにしました。

しかし、タイルすら貼ったことがない私としてはどうしていいのかまったく分かりません。
とりあえずネットでいろいろ調べましたよ。

まず、なにはともあれタイルが必要です。これはホームセンターに行けばいろいろな種類が売ってました。
そして、接着剤。これはタイルを貼るために必要です。
あと目地材。
これはタイルとタイルの隙間を埋めます。

とまあ、準備はこんなもんでしょう。

あとは、どのように天板に段差を作るかです。
タイルと天板を平坦にするためには、少し掘り下げないといけません。

いろいろ考案した結果、今持っている工具でできることは
ノミで地道に彫っていくことしかありません。

ほんとはトリマーとかあれば一発なんでしょうけど、工具編でも書いたように
賃貸マンションでは使えないということが判明。

騒音的にもノミでシコシコと彫っていくしかないようです。

で、早速始めてました。

range3.jpg

そしたら、30分もしないうちに手が痛くなってきて、これでは僕の手が逝っちゃいます!!
まだ5分の1も彫れてません・・。
いや~もうタイル貼りはやめようかな~と思ったのですが、既に彫りはじめているので後戻りできません。


策を練ること30分・・。

そこでひらめきました!

電動ドリルで5mm程度の深さの穴をたくさん空けていって隙間だけをノミで削ればスピーディーで簡単では!?
早速やってみました。
range4.jpg
range5.jpg

お~!これはいい感じです。
ちょっと表面がデコボコした感じにはなってしまいますが、手も疲れません。
サクサクと作業が進みます。

誤って深く穴を開けすぎないようにだけ注意が必要です。

そして、彫り進めて完成したのがこちら。
途中からドリルにチェンジしたのが見てとれるかと思います。

range6.jpg


最終完成形はこちら!
タイルを接着材で貼り付けてから、目地材で隙間埋めをして完成。
貼るのは割りと簡単でした~。

range7.jpg

今回の教訓は、ノミは非常に危険です!!
自分の手をノミの先に置いていたりすると、勢い余って手にグサ!っといくかもしれません。
何度かヒヤっとしました。

この作業はあまりマネをしないほうが懸命かもしれません。


45ミリ角タイル HP-03A1 ナガエ

45ミリ角タイル HP-03A1 ナガエ
価格:120円(税込、送料別)






[レンジ台 自作 作り方 タイル 木工 DIY]

コメント

ドリルいいですね、帰ってやってみます!

URL | 玲 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。