上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は木工以外にも、車を自分でメンテンナンスすることも趣味のひとつとしております。

最近はオイル交換も自分でやっています。

オイル交換をおこなうときにはレベルゲージで量を確認するのですが、駐車場が斜めになっていると正しく図れません。

そこで、水平になるような車用のスロープを探していたのですが結構高い!
通常、スロープは車の下にもぐれるようにするものですが、私の用途では水平に保ちたいということもありましたので高さも重要になります。
大体10cm前後のものを探していたのですがなかなかありません。
それに、モノは結構大きく置き場所に困るし、それほど頻繁に使用するものでもないので、わざわざ購入するのももったいないと思っていました。

※スロープとはこのようなものです



そこで、パインの端材を利用してスロープを作れないかと考えました。

残っていた端材をかき集めてみました。

image.jpg

大きめのものが複数枚あれば、それを重ね合わせるだけで簡単に出来そうだったのですが、残っているものは細い端材ばかり。

そこで細い端材を連結して作成することにしました。

image9.jpg


車のタイヤを乗せやすいように斜めにカットします。

image3.jpg


あとはサクサクと作っていきます。
例のごとく、設計図も何もありません(笑

その場の思いつきでテキトーに。

image7.jpg


そして出来上がったのがこちら!

image4.jpg

こちらは片輪分になります。

そして、これと同じものをもうひとつ作りました。
結構面倒でした(汗

image5.jpg


早速試しに車を載せてみました。
写真はありませんがバッチリでした!

近いうちにオイル交換しますので、写真はそのときにでも。


コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。