NSG_5756.jpg

先日、ダイニグテーブルの塗装をサンドペーパーで削りました。

その後、再塗装に何を使おうか迷っていたのですが、
結局オスモカラーを使用することにしました。

前回はチェリーでしたが、今回は素材の色を生かしたかったので
ノーマルクリアーをチョイスしました。

NSG_5787.jpg

オスモカラーは塗るのが簡単です。
ウエスに馴染ませて塗るだけ。

前回は塗った直後に400番くらいのサンドペーパーでざっと磨きました。
そうするとグロス感がさらに増すような気がします。
今回は塗った後に余分なオイルをふき取って終わり。

塗った直後はオイルが染み込むため、見た目チェリー色と変わらないかな??と
思いましたが、数日経過して少し薄くなり、木本来の色に近くなった気がします。







[塗装 オイル オスモカラー テーブル]

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ