今年の夏は猛烈に暑いのでエアコンはフル稼働です。

やはり気になるのは電気代です。

使ってる家電が何ワットで動作しているのかが分かれば電気代の計算もできます。
説明書に記載されている定格電力は実際の使用中の電力ではないので参考になりません。

そこで使用するのがワットチェッカー・ワットモニターです。




こちらは、私も購入したサンワサプライのワットチェカーです。

サンワサプライ ワットモニターTAP-TST8  5種類測定 検電器  >詳細はこちら

●5種類の計測ができる検電器です。
●消費電力(W)、積算電力量(kWh)、積算時間(Hour)、積算電力料金(円)、CO2排出量(kg)の5種類が計測できます。
●コンセントに差し込んでボタン1つですぐ計測できます。
●液晶画面に数値で表示されるので、一目でわかります。

ということらしいです。
詳しくはリンク先の商品解説を見てください。
サンワサプライ ワットモニターTAP-TST8  5種類測定 検電器  >詳細はこちら


私の使用用途ではワット数さえ分かればよかったのですが、それほど高いものではなかったのでこれにしました。

使い方は簡単です。
計測したい製品をワットチェッカーに繋いで、ワットチェッカーを壁のコンセントに挿します。
私は表示が見えにくかったので延長コードを壁に挿して使いました。


早速、扇風機を計測してみました。

IMG_7160.jpg

扇風機の弱風だと11ワット程度でした。1日の電気代は8~9円程度らしいです。


この製品は1kwhあたりの単価を設定することができます。
電力会社によって単価が異なりますので便利な機能ですね。
ひとまずオール電化の高めの料金(26円)で設定しました。

この電気料金表示については、しばらくワットモニターを接続しておかないと安定しない場合がありました。
なぜかジワジワと増えていくんです。原因はよく分かりません。

ワット数さえ分かれば、あとは自分で計算は出来ますので別にいいのですが。

参考までに計算方法です。
1kWは1000Wなので、1時間使用した場合の電気代が1kwhという意味になります。
要は電力会社の単価というのは、1000wの電気を1時間利用した場合の単価ということです。

1kwhの単価が仮に26円とした場合、扇風機弱風(11ワット)を24時間連続で使用したとすると
11wを1000wで割り算して0.011kwになりますので
0.011(kw) x 26(円) x24(時間) = 6.8円 となります。


話しが脱線してしまいましたが、
次に、明らかに熱を発している数年前の37型液晶テレビを計測してみます。
78ワット近くもあります!
LEDバックライトタイプだともっと電力消費少ないのでしょうかね。
嫁に相談して買い替え検討ですね。と同時に念願の大画面化(笑)。
これではお財布にエコじゃないですね。

IMG_7162.jpg


ちなみに電源を落としたときの待機電力は・・。
28ワット!?
結構消費電力高いですね。電球型蛍光灯2つ分くらいありそうです。

IMG_7161.jpg

録画予約をしてHDDへ保存されるタイプのTVなのですが、主電源切ると録画ができませんのでいつもリモコンで電源OFFしています。
これは驚きでした。
最新の液晶テレビも同じなのでしょうか。
ワットモニター使ってなかったら気づかなかったことですね。
これも大画面のLEDバックライトに買い換える口実に使えそうです。



熱を発するものは基本的に電力を食うイメージがありますので、ヘアドライヤーを計測。
こちらは予想通りの約1000ワットでした。

IMG_7163.jpg


電力が目にみえると楽しいですね!
どんどんいきます。
次はダイキンの空気清浄機です。
こちらは弱からターボまであるのですが、強の状態を計測してみました。
予想していたよりも少ない18.7ワットでした。

IMG_7166.jpg



次にPCの液晶モニターです。
こちらはなかなかおもしろい結果が出ました。
普段は目にやさしい暗めの設定で見ているのですが、明るめにした場合と大きく差がでました。
暗めだと14.6ワット
明るめだと21.6ワット
ちなみにこの液晶モニターはLEDバックライトです。

IMG_7167.jpg

IMG_7168.jpg

365日使用すると1500円以上の差が出る計算になります。



最後にMacBookです。
数年前の型ですが、CPUはcorei5です。
負荷がかかると電力がアップしますが、その違いを計測してみました。

アイドル状態だと19.7ワットでした。

IMG_7169.jpg

グラフィックソフトを立ち上げて画像処理中の場合だと38ワット
IMG_7174.jpg

アイドル中でもバックグラウンドでいろいろ動くとワット数が変動していました。
なかなかフルでCPUに負荷をかける作業ってないのですが、上限はもうちょっといくと思います。


ざっとこんな感じです。

冷蔵庫やエアコンも計測したかったのですが、説明書によると駄目だそうです。
火災などになると元も子もないのでやめておきました。


電力消費が目に見えるとこまめに電源を切ろうという気になりますね。










コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ