上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1873.jpg

長年履いたお気に入りの靴底が擦り減ってしまったらいつも捨てていましたが、ネット検索で靴底修理キットがあることを知りました。

シューグー(SHOEGOO)という商品です。

IMG_1870.jpg



カラーは半透明、ホワイト、ブラックなど数種類ありますが、今回は半透明(ナチュラル)を選択しました。

ある方のブログでアクリルカラーを混ぜて色を作っておられたので、そのほうが汎用性がありいいかと思いましたので。

さて、今回修理するのはクロックスのデッキシューズです。

3~4年くらい前に購入したものですが、かなりの頻度で履いていたため冒頭の写真のように踵が磨り減ってしまっています。
靴底全体的にもかなり擦り減っていますが、特に踵がひどいですね。

まず靴を綺麗に洗います。
乾いたら付属のヤスリで修理箇所を削って、溶剤の食いつきをよくします。

IMG_1875.jpg


そして、コピー用紙を二つ折にしてかかとの部分に囲いを作ります。

IMG_1877.jpg


今回白い靴底なので、アクリルカラーの白を混ぜます。

IMG_1878.jpg
IMG_1880.jpg

このヘラはダイソーで購入しました。
付属のヘラは木製ですし、少し使いにくいと思うので別で準備したほうがいいと思います。

こねこねするとこのように白になりました。

IMG_1881.jpg


あとは適当に踵部分に盛っていきます。
匂いが結構きついため換気をよくして作業をおこなったほうが良いと思います。

IMG_1884.jpg


体重の掛かる親指の付け根あたりも大分擦り減っていたので、ついでにここも盛っておきました。
紙の上で色を混ぜるのが面倒でしたのでダイレクトにシューグーとアクリルカラーを出して混ぜました。

IMG_1886.jpg

大体3~4時間くらいでそこそこ固まります。この製品は思ったより硬化が早いです。
薄い部分はかなり硬くなっていました。

さて、コピー用紙をはがすのですが、そのまま引っ張るとくっついてしまっているためなかなか剥がれません。
そこで、バケツに水を入れてその中に踵の部分を浸します。
ふやけた紙を布なので擦ると切れに取れます。
どなたかのブログを参考にさせていただきました。

IMG_1895.jpg


両足ともシューグーを盛ってこんな感じになりました。
白が真っ白すぎて古い部分との色差が目立ちます。
色調整で少し黄色を混ぜたほうがよかったかも・・・。
まあ、足元だし目立たないでしょう。

IMG_1896.jpg


余分な箇所はハサミで簡単にカットできます。
最初カッターでやっていたのですが、上手く出来ませんでした。

IMG_1908.jpg


出来上がりです。
足元なのでそれほど修理箇所は目立たないと思います。
しばらく履いていれば汚れが付いて色差は落ち着くでしょう。

=2016.10.12追記=
2~3日履き続けたところ、色差はほとんど気にならなくなりました。
境目も目立たなくなり、今回の修復は成功です。


IMG_1902.jpg








[靴修理 踵修理 DIY 靴底修理 DIY シューグー SHOEGOO]

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。