上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_5199.jpg

梅雨時期の洗濯干しは結構悩みます。

バスルームに物干し竿と乾燥機はありますが、狭いし電気代が掛かるためほとんど使っていません。

部屋干し用の製品は天井に取り付けるタイプはいろいろありますが、価格が高いですし天井への取り付には自信がありません。

いろいろ探していると森田アルミの「pid 4M」という製品を見つけました。
この製品は柱に取り付けるタイプです。
価格は6,000円前後と、天井取り付けタイプよりも安価です。

何より見た目がオシャレです。





ネット注文して早速取り付け開始です。
まずは、説明書を熟読します。

IMG_5201.jpg

斜めにも取り付けできるようですね。
今回は直線で取り付けします。

まずは、柱の位置を探しださなければなりません。

そこで、下地探しのための工具を使用します。
下地さがし「どこ太」です。
以前、ホームセンターで購入したものです。
センサータイプもありますが、針で刺すタイプが安いしこれで十分です。

IMG_5177.jpg




柱がありそうな箇所をブス!ブス!と刺していきます。
針が刺さりきってしまう箇所には柱はなく、15mm前後で止まる場合は、そこに柱があるということです。
石膏ボードが大体15mm前後ですので。

IMG_5178.jpg


セロテープを貼って、柱の幅を正確にマーキングしておきます。

IMG_5193.jpg


ドリルで下穴を空け、付属のネジで台座プレートをしっかりと固定します。
本体は引っ掛けるだけのようです。

IMG_5173.jpg


受け側のプレートも同様に取り付け。

IMG_5174.jpg


取り付け完了です。
ハンガーを掛けてみました。
いいですね。

IMG_5196.jpg



不要な時はワイヤーを収納できるのですが、この戻り方がゆっくりと一定速度で戻るので高級感があります。

IMG_5170.jpg


この「pid 4M」、どの程度の量を干せるのか気になるところですね。
説明書には重さ10kgまでと書かれていますが・・・。


我が家は結構な量を掛けています。

どの程度の量を掛けているか知りたいという方もおられると思うので、かなり恥ずかしいのですが実際に洗濯物を干している写真を掲載します。(恥

明らかに10kg以上ありそうですが、いつも大体これくらい干しています。
数ケ月使用して特に問題はありません。
思った以上に丈夫に出来ています。
ただ、掛ける分量は自己責任で。

参考になりましたでしょうか。


IMG_5203.jpg


見た目もオシャレで、使用しない時もスッキリして目立たないので良い製品だと思います。











[部屋干し 物干し 洗濯 pid4m 森田アルミ]

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。